抗うつ剤を利用する前に【心療内科もしくは精神科を探す】

男性

うつ病の治療方針

カウンセリング

薬物療法を取り入れよう

うつ病の治療のために用いられる抗うつ剤には様々な種類があり、患者の体質や症状によって使い分けされます。抗うつ剤を中心としたうつ病治療を「薬物療法」と呼びます。現在最もうつ病治療に多く用いられている薬が「SSRI]という薬です。これは「抗セロトニン再吸収薬」の略称で、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの減少を防ぎ、不安や緊張などの抑うつ症状の一部を緩和する効果があります。SSRIは時間をかけて徐々に効果を発揮していく薬で、副作用も穏やかであることが特徴です。尚SSRI以外にも副作用が出づらいとされる薬もあります。昔のような高い依存性や重い副作用を持つ薬を処方されることはほぼないといってよいでしょう。抗うつ剤は従来型のうつ病である定型うつ病に対し特に効果的であり、この薬を服用することで目覚ましい回復を遂げる患者も見られます。一方で新型うつ病とも呼ばれる非定型うつ病に対しては、薬物療法よりも精神療法が採用されることが多く、その効果を補うために抗うつ剤を用います。またうつ病治療薬の中には眠気を起こしやすいものもあります。そういった薬はうつ病と併発しやすい不眠症などの睡眠障害の治療のためにSSRIと同時に処方されることもあります。うつ病に対し高い威力を発揮する抗うつ剤ですが、服用に当たっては注意も必要です。近年多くうつ病治療に多く採用される薬は副作用が出づらいものばかりですが、飲み方を誤ると思わぬトラブルを引き起こしかねません。たとえば前述のSSRIにも副作用は存在します。飲み始めから1〜2週間は胃痛や吐き気などの消化器関係の症状が現れます。患者の体質によってはつらく感じるかもしれませんが、胃薬などが同時に処方されるためあまり重い症状には感じられないでしょう。しばらくすると薬に身体が慣れ、症状は消えます。抗うつ剤は飲み続けるとつらいうつ病の症状が穏やかになり、ほとんど感じられなくなる方もいらっしゃいます。ですが、それは決して完治したわけではありません。あくまでも薬の効果であり、効き目がある時だけのことです。抗うつ剤は継続的に服用することが重要な薬です。良くなったから、などという自己判断で薬を飲むことをやめてしまったり、薬の量を減らしてしまったりすることは「離脱症状」を引き起こす原因になります。離脱症状とは血液中から急に薬の成分がなくなってしまうことで起こります。薬をやめたい、あるいは減らしたいと感じた時には必ず医師へ相談しましょう。経過を観察しつつ少量ずつの減薬により離脱症状を防ぐことが可能です。