抗うつ剤を利用する前に【心療内科もしくは精神科を探す】

男性

本当に治るのか

男性

長期化を避けるために

軽症うつの場合は、薬を使わない治療をすることもありますが、中度や重度となると抗うつ剤と呼ばれる薬を使用した治療が中心となります。中度や重度のうつ病の場合、脳内の神経伝達物質のバランスが崩れていることが関係しているという説があり、それを正常化するために服用が必要になります。服用することで、いわゆるうつ病による強い症状が改善されるのが通例です。うつ病治療でよく使われる抗うつ剤はSSRI、SNRIで、一番新しいNaSSAの選択も増えています。SSRIは感情の関わる神経伝達物質の不足に対して働きかける薬です。主にセロトニンの再取り込みを阻害して、セロトニン不足を解消していきます。意欲を高める効果はさほど強くないもの、誤って多量に飲んでも害のない安全性の高さが魅力の抗うつ剤です。また、SNRIは、セロトニンだけでなく、ノルアドレナリンの再取り込も阻害してくれる薬です。SSRI同様にマイルドな効果ですが意欲や認知機能を高める作用があり、活動性を回復させるのに適しています。そして、NaSSAは、神経細胞の先端にある神経伝達物質の放出を抑える働きをしている受容体の働きを阻害して、ノルアドレナリンやセロトニンの放出を促す薬です。この3種類以外にも三環系や四環系などもあり、自分に合う薬を探していくことになります。抗うつ剤の効果の有無というのは、NaSSAを除いてはすぐに確認できるものではありません。しかし、何年もの間、処方された抗うつ剤を服用しているにも関わらず治らないのであれば、薬の効果が出ていない可能性が高いです。もしも今服用している薬で特に変化を感じないということであれば、薬を変更することも視野に入れて、担当の医師と話し合いをしていくことが大事になります。うつ病の治療に使用されている抗うつ剤は、同じ効果を持っている薬であっても効き方の仕組みは少しずつ異なります。たとえば、SSRIといっても処方できる製品は複数あるので、同じ成分で作られていても、その構造は製品により異なっていることにより、当人の身体との相性というものが出てしまうわけです。それが、抗うつ剤の効果がある、効果がないの違いになって現れます。もし数か月経っても同じ薬の処方が続き、薬物治療が順調に進んでいないのではと感じるのであれば、素直に医師に伝えることが重要です。伝えることで医師は焦点を絞りながら処方していくことが可能になります。種類や製品が多くあるということは、自分に効果のある薬を見つけることができる可能性が高いということですから、遠慮せずに処方の見直しを依頼するようにします。