抗うつ剤を利用する前に【心療内科もしくは精神科を探す】

レディ
ハート

寛解を目指すための服用を

抗うつ剤にはさまざまな種類があり、自分に合う薬をみつけていくことになります。その際、多剤併用が行われることがあります。日常生活を送るために症状を抑えることは大事ですが、寛解を目指すためには、薬の単剤を主治医に相談することが大事です。

男性

本当に治るのか

長期間抗うつ剤を服用しているにも関わらず症状の変化がみられないということであれば、自分の身体に合っていない可能性もあります。医師に相談すれば、抗うつ剤は1種類だけでなく複数のタイプと製品がありますので処方変更をお願いすることも大事です。

薬

信頼を築く事が大切です

心身共に不快な症状が長く続く場合には、うつ病の可能性があります。うつ病は脳内神経伝達物質が少なくなる事で様々な症状が発症すると言われています。最近利用されている抗うつ剤の多くは副作用が少なく、高い効果が得られる事から広く利用されています。

カウンセリング

うつ病の治療方針

抗うつ剤を過剰に用いることで副作用が、自己判断による減薬・断薬によって離脱症状がおこる場合があります。どちらの場合もうつ病治療の妨げとなり、完治が遠のくことになります。どちらの場合にも医師への相談なくして行うことは控えましょう。

服薬も治療の基本

医者

病院探しと薬代

医療機関でうつ病を治すなら、心療内科もしくは精神科を探すことになりますが、重要なことは自分に合った医療を提供してくれる病院を選ぶことです。うつ病はレントゲンなどで原因を究明することが困難な病気ですから、医師との対話が重要になります。現在の症状や、今日に至る過程を把握してもらえませんと、実情にそぐわない治療になる恐れがあるのです。そのため、できれば話しやすく、且つ患者の話をきちんと聞いてくれる医療機関を選びましょう。さらに、うつ病は医師との信頼関係の上で治療を受けるのが望ましいですから、相性も加味しておきましょう。また、抗うつ剤を使った治療も一般的ですが、抗うつ剤には新旧合わせて多彩な種類があり、それぞれで効果や副作用が違います。どの薬がその患者に最適かは実際に飲んでみないと分かりませんので、薬の説明や、服用経過のヒアリングをしっかり行ってくれる病院を選ぶのが不可欠です。単に薬を出して終わりという病院では、真剣に患者を治そうという姿勢が疑われるため、投薬治療が始まった際はその点に留意しましょう。ただし、抗うつ剤はその患者にピッタリ合った薬でも、効力を発揮するまで半月やひと月を要する場合があります。ですから効果が出るまでの期間も教えてくれるなど、不安なく服薬を続けられる病院を選びたいところです。製品によって抗うつ剤の値段は異なりますが、3割負担でも年間の薬代は、数万円をオーバーする場合が少なくありません。服用量が多い場合はさらに負担が増えますので、治療に際しては、ある程度予算を見ておいた方が良いでしょう。ですが予算を抑えたい時は、後発医薬品の有無を医師に確認するのもおすすめです。特許が切れた抗うつ剤なら、先発薬よりも安い価格の医薬品がありますから、それなら薬代を抑えられます。ジェネリック医薬品とも呼ばれているその薬は、先発薬と同じ有効成分で製造されており、低価格でありながら同様の効き目を得られることで人気です。一方、抗うつ剤にはSSRIという種類もありますが、これは幸せや感情コントロールに欠かせないセロトニンを整える薬で、従来薬より副作用が少ないことで評判です。不安の改善や、気分がやわらぐという評価も高く、費用的には概ね1日あたり100円前後から400円前後となっています。そして、NaSSAはノルアドレナリンとセロトニンを増やしてくれる抗うつ剤で、ほかの薬より効き目が早いことでも定評があります。1日あたりの費用はおよそ100円台半ばから500円前後ですが、比較的しっかりした効果がある新しい薬として注目を集めているのです。